勃起不全の原因

勃起不全は一般的に治療が長引きやすい症状だとして知られており、実際治療を始めてすぐに効果が見られるようになったという人はかなり少ないものです。
薬を飲むようにすれば一時的に症状が緩和されることはありますが、それでも薬を飲むのをやめた途端に勃起不全が再発したという人はかなり多くいます。
さて、ではこの勃起不全の原因としてはどういったものが挙げられるのかと言うと、これはそれぞれの人によってかなり異なります。
大別すれば精神的なことが原因となっている心因性と肉体的な問題が原因となっている器質性に分けることができますが、器質性であってもそれが高血圧に起因する場合や前立腺がんに起因する場合など人によって原因が異なることが珍しくないのです。
心因性の場合多いのは日常生活の中で感じるようになったストレスや過去の経験がトラウマとして精神的なブレーキになっているといったようなものですが、これらも外見から判断することが出来ないためメンタルケアによって原因を探り、治療をしていくほかないでしょう。
このように勃起不全とひとくちに言ってもその原因はさまざまなわけですから、治療に関してもまず原因を特定し、それに応じて必要な治療を変えていくことが必須であると言えます。
最近ではインターネットを使って薬を個人的に輸入する個人輸入が広く行われるようになりましたが、原因を特定しないままただ勃起不全になったという結果だけを見て、個人の判断で薬を服用することは歓迎できることではありません。
勃起不全は適切な治療さえ行うことが出来ればほとんどが治療できるものなのですから、もし症状が出てきた場合にはまず専門医の診察を受けて判断をしてもらうようにしましょう。

勃起不全に効く治療薬

日本国内で認可されている勃起不全に効く治療薬は三種類あります。
それらの薬を手に入れる手段は二つあるので、自身にとって都合の良い方法で薬をもらう事が大事です。
一つは、薬を処方してくれる病院に行って薬をもらう事です。
勃起不全を治療することができる専門外来がありますので、そこに行けば診察を受けるだけで必要な薬をもらうことができます。
勃起不全の症状によってそれぞれの薬をもらう事ができますので、問診を受けるときには患者自身の正しい情報を伝えなくてはいけません。
勃起不全になってしまう原因は様々に分かれていますが、基本的にED治療薬はどのような原因で勃起不全になったとしても一定の効果が現れることがわかっています。
勃起不全を治療する ためのED治療薬に必要なことは、服用した後に性的な刺激を受けることと性的な興奮を受けることの二つです。
勘違いをしている人も多いですが、薬を飲んだからと言っていきなり勃起するわけではありませんし、持続時間が長いからと言ってずっと勃起し続けるわけではありません。
薬を服用した後の条件もありますので、それは薬を処方してもらった専門外来でも詳しく聞くことが大事です。
そして、もう一つの入手手段はインターネットを利用して必要な薬を注文することです。本来、薬の注文はインターネットで行うことができないのですがED治療薬の場合は海外から輸入代行を使うことによって容易に注文することができます。
海外から取り入れた薬は転売などをすると犯罪になりますが、全くの個人的な目 的で使用するのならば犯罪にはなりませんので、個人的な目的で合法的な個人輸入を利用することで簡単に勃起不全の治療薬を得ることが可能なのです。

勃起不全に良い成分は?

勃起不全に悩む男性はあまりいないだろうと思われますが、実際には4人に1人は勃起が不十分で性行に至れないことが分かっています。
専門の病院で診察を受ける数も1,000万人以上とされ、年々増加の傾向にあることから深刻な問題になってきています。
勃起が不十分では、男性としての自信も失うことになるので、早い段階での改善が重要になります。
勃起不全に良いとされる成分は、主にシトルリン、アルギニン、亜鉛などがあります。
シトルリンとアルギニンは同じアミノ酸の一種で、体内で相互変換をおこして補いながら血液循環の改善を行います。
特にアルギニンはシトルリンに変換される際に、勃起に必要となる一酸化窒素(NO)を発生させ、血管を拡張することで血流が増加する作用があります。
アルギニンが不足すると勃起がしづらくなる、精液の量が減るといったことからも重要な成分と言えます。
シトルリンは直接的な効果はありませんが、体の中を巡回して必要な分だけをアルギニンに変換したり、体調回復を促す作用があります。
また、どれだけ摂取しても人体に無害とされ、摂取量を超えても尿から排泄されるという特徴を持ちます。
アルギニンは摂取量をオーバーすると、腎臓に負担がかかり機能障害に陥ることもあることから、シトルリンによる摂取が推奨されるほどです。
亜鉛は人体に必要とされる必須ミネラルのひとつで、疲労回復や生殖機能の向上が見られ、特に精子の生産量を左右する成分となります。
亜鉛が不足すると精力が減退することからも、勃起不全では積極的に摂取するべき成分とされています。
シトルリン、アルギニン、亜鉛は食事から摂取するには限度があり、1日の必要な摂取量にはほとんど届かないので、補助としてサプリメントを利用すると良いでしょう。
■バイアグラのジェネリックとして話題
カマグラ
■早めに治していきましょう
バイアグラ買うなら通販
■通院先をお探しなら
新橋でEDを相談したい
■長い勃起維持効果をもつED治療薬
タダリス

トップページへ