勃起不全に効果的な治療薬と混合服用できない薬

勢力減衰による勃起不全に悩む男性は増えています。
恋人や奥さんに申し訳ないと思っても性欲が減衰していて、性交渉をしようという気にならなかったり、性交渉に挑んでも勃起が続かず気まずい雰囲気になってしまうなど、性欲減衰による勃起不全は、男性としての自信を失ってしまうだけでなく、パートナーとの信頼関係にも響いてしまう問題があります。
こうした勃起不全は以前は中高年男性の悩みでしたが、忙しい現代社会の影響で若い男性でもこうした症状に悩む方が増えており、世代を問わず大きな問題となっています。
そうした勃起不全の悩みを解消することができるのがED治療薬です。
バイアグラやシアリス、レビトラなどが有名ですが、その中でも最も最初に発売された代表的な治療薬がバイアグラです。
陰茎への血流をアップして性交に十分な硬い勃起を得ることができるのがこのバイアグラの特徴でただし飲み方をすれば、一時間後には勃起効果を得ることができ、その効果は4時間ほど持続されます。
ただしこのバイアグラを利用するためには混合服用を避けるべき薬があります。
バイアグラとの混合服用を避けるべきものが循環器系の疾患の治療に用いられるニトログリセリン、硝酸剤、そして塩酸アミオダロンです。
これらの薬は混合服用が禁止されている禁忌となっているので循環器系の疾患があり薬を服用している方は注意が必要です。
ただしこうした混合服用の薬に気をつけることで、バイアグラは大変効果的にプライベートタイムのサポートをしてくれる頼もしい薬です。
服用することで効果的に勃起不全を解消し、パートナーとの充実したプライベートタイムを過ごすことが出来る薬です。
クリニックを受診して自分にあったタイプのED治療薬を処方してもらいましょう。

トップページへ