勃起不全の夫、セックスの回数が減少

恋人の時には、普通に性行為を行っていたのにもかかわらず、結婚して年数が重なると、次第に夫とのセックスの回数が減るということはありませんか?またセックスをしようと試みても勃起不全になっていたりすることもありませんか?そして次第に夫とのセックスの回数が減り、体の関係が全くなくなるということもありますよね。夫婦間の絆はあるかもしれませんが勃起不全によるセックスの減少を放置しておくとは良いこととはいえません。現在はそのセックスレスが離婚の大きな原因にもなっているからです。ではどのように解決をしていくとよいのでしょうか?男性が勃起不全になるのは身体的な理由と精神的な理由があります。例えば、仕事で疲れがたまっているという場合、また仕事で気がかりなことがあるという場合、家庭でとてもセックスをする気にもなれず勃起不全という状態になることもあります。また女性は結婚して出産や育児を経験することが多いですが、出産をすると女性のことを母親として認知することはできるけれど、なかなか女性として見ることが出来なくなるという場合もあります。そんなときに妻からセックスをしようといわれても実際の妻を目の前にして勃起不全となるということもあるのです。その場合には、例えば風俗などに行くときちんと反応をしますし、心理的な事柄が大きく関与するのです。これらを解消するためにはひとつはカウンセリングを受けるということが効果的だと言います。勃起不全になる原因を知り、対策を立てることが出来るのです。勃起不全が解決してセックスが元のように出来るようになると、夫婦間もそれに伴ってよくなる可能性もあります。それは精神的な満足につながるからですね。そのために非常に重要なことなのです。

トップページへ